『約束のネバーランド』『万引き家族』 城 桧吏 第一回「スター☆オーディション」グランプリ 酒井大地

    映画『都会のトム&ソーヤ』公式サイト

    監督:河合勇人(『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』)脚本:徳尾浩司(劇場版『おっさんずラブ LOVE or DEAD』)原作:はやみねかおる「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社YA!ENTERTAINMENT刊) 製作幹事:電通、ヨアケ 制作プロダクション:ROBOT 配給:イオンエンターテイメント

    ©2020マチトム製作委員会

    2021年 全国公開

    SCROLL

    はやみねかおるデビュー30周年!

    累計180万部突破!ジュブナイルミステリーの金字塔が満を持して映画化!
    屈指の監督&脚本タッグによる最高の化学反応で贈る、痛快エンタテインメント!

    2003年に刊行されて以来、“マチトム”の愛称で子どもからも大人からも愛され続ける、はやみねかおるの大人気小説シリーズ『都会のトム&ソーヤ』が、遂に実写映画化される!
    一見、平凡な中学生だが実はものすごいサバイバル能力を持つ内藤内人と、超巨大企業の御曹司で学校始まって以来の天才と言われる竜王創也のデコボコ中学生コンビが、“砦”と呼ぶ廃ビルの一室を拠点に、学校や街中で推理と冒険を繰り広げる!主演の内藤内人役には、第71回カンヌ国際映画祭でパルムドール(最高賞)を受賞した『万引き家族』や『約束のネバーランド』で大注目を浴びる城桧吏が映画初主演!竜王創也役には、スターダストプロモーション第一回スター☆オーディションで男子グランプリを受賞した酒井大地が映画初出演を果たす。監督は『チア☆ダン女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦』などを手がけた青春映画の旗手、河合勇人。そして脚本にはドラマ『おっさんずラブ』で大ブームを巻き起こし映画化もされた最注目の脚本家、徳尾浩司。屈指のキャストとスタッフで贈る映画『都会のトム&ソーヤ』が、2021年、日本中の老若男女を興奮のるつぼに落とし込む!

    コメント

    主演 城桧吏 内藤内人役
    『都会のトム&ソーヤ』は小学校の時に図書室で借りて、読んだ事がありました。
    まさか、この本の主人公、内藤内人役に自分がなれるなんて思ってもいなかったので、出演させて頂く事が決まって、とても驚き、とても嬉しく思っています。
    初めて主演をさせて頂くので、少し不安でドキドキですが、皆様の期待に応えられる様に頑張ります!今までやったことのない役なので今からすごく楽しみです!
    明るくサバイバル能力に優れている内人になりきりたいと思います!!
    酒井大地 竜王創也役
    半年前まで、田んぼの中を自転車で走り回っていた普通の中学生だった僕が、内人の相棒。
    竜王創也という大役をいただけたこと、夢のようで。まだ、信じられません。
    この環境に心から感謝します。ありがとうございます。
    精一杯努めさせていただきますが、演技も何もかもが初めての経験です。
    温かい目で見ていただけたらうれしいです。
    「夢は見るだけじゃない。叶えるものだ!」
    そんなことを、このマチトムを通して、みなさんにお伝えできたら幸せです。
    どうぞ、よろしくお願いします!
    監督 河合勇人
    はやみねかおる先生の『都会のトム&ソーヤ』は放課後、友だちと川っぺりをどこまで行けるか歩いたり秘密基地を作って宝物を隠したりして遊んだ少年時代の幸福な時間を思い出させてくれました。今回映画を監督させて頂くにあたり自分の中に眠っていたトム&ソーヤを縦横無尽に暴れさせて現代の子どもたちを巻き込んで新たな冒険に出てみたいと思います。さあみんな、スマホを捨て都会に出よう!(あ、でもスマホは持って行った方がいいか?)
    脚本 徳尾浩司
    はやみね先生の描かれる『都会のトム&ソーヤ』には、次々とページをめくりたくなるワクワク感が詰まっています。映画でもその世界観を大切にして、ぐいぐいとスクリーンに吸い込まれるような、躍動感の溢れる内人と創也の冒険をお届けできたらと思います。 『都会のトム&ソーヤ』で育ったお父さんお母さん、今『都会のトム&ソーヤ』が大好きな少年少女、皆さんで楽しめる映画にしたいです。
    原作 はやみねかおる
    「都会のトム&ソーヤ」シリーズ(講談社YA!ENTERTAINMENT刊)原作情報はこちら
    『都会のトム&ソーヤ』の実写映画化が決まりました。これも、読者の皆様のおかげです。本当にありがとうございます。河合勇人監督に徳尾浩司脚本と来れば、ぼくにとっては『スリル! 〜赤の章・黒の章〜』。内藤内人役は『万引き家族』の城桧吏さん。そして、多くのスタッフのみなさん。いったい、どんな『都会のトム&ソーヤ』を見せてくださるのか? 今からワクワクしています。(ポップコーンとコーラは、すでに用意できてます)
    ©KaoruHayamine,KeikoNishi/Kodansha
    TOPへ